青い弧

ツイッターボタン
umehararyuをフォローしましょう
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

◎ 函館へ ◎

c0067496_454590.jpg




さて、いよいよ北海道の旅。
まずは函館へ行きます。

函館はこれで三度目で、最初は函館八幡宮の側にあるマンションの一室をお借りして開催しました。
夜になるとタオルをぶら下げて雪を踏み締めながら温泉に通ったのを思い出します。

目の前に博物館と遊園地と動物園のあるとてもかわいい公園があり、そこからの海の眺めは素敵でした。
ほんのごく小さな乗り物たちは暖かい季節だけのもので、冬の間はシートを被ってジッとしています。
大鷲も息を潜め、鹿はこちらを見つめています。




c0067496_4123826.jpg



去年は旧市街に残るデパートを改造した地域交流まちづくりセンターでの作品展。
夜のライトアップされた会場を見るのも好きでした。

市電が目の前を走り、昔ながらの商店や食堂がいまも残り優しい風景です。


そして今年はそのすぐ近くのギャラリー村岡にて。
函館山を昇るケーブルカー乗り場の脇の路地にあるギャラリーはまるで書斎の様。
そこにいるだけで何か落ち着いた気分になれるのです。

僕は10才まで祖父と暮らしていました。
祖父は小説家で、いつも書斎にいます。書斎で原稿を書く祖父は着物を着ていて手拭いで頭を縛るか、髪をおおきく掻きあげます。
四方を囲んだ本棚、あちこちに積まれた書類、無数に差し込まれたペン立て。
書斎は宇宙のようだとどこか思います。

そういった少年時代の光景と、ギャラリーの様子を重ねて、こんなタイトルをつけました。


「 月光と、書斎 」

月光がいつも僕を照らす
真昼も、夜更けも
屋根裏の、窓から覗いた青い光
父さんの書斎の扉が開く

9月10日 ー 17日
10:00 ー 19:00


11日 17:00 ー22:00
「バル」お酒とごはんを楽しむイベント
ポエトリーリーディング(詩の朗読)もあります。

布絵ワークショップ 2〜3時間1500円



c0067496_428331.jpg

[PR]

by sachibarumaya | 2009-09-07 04:28 | 展覧会の旅
<< ◎ 旧市街という響き ◎ ◎ 小諸、神保町、銀座 ◎ >>